メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

いびつ、恨み…大阪ダブル選「ネーミング」を考えた

記者会見をする松井一郎・大阪府知事(左)と吉村洋文・大阪市長=大阪市中央区で2019年3月8日午後6時23分、山崎一輝撮影

 「公明に合意をほごにされた」「都構想がつぶされかけている。状況を打破するため、もう一度世の中の皆さんに問いたい」。大阪府の松井一郎知事(大阪維新の会代表)と大阪市の吉村洋文市長(同政調会長)が8日、そろって辞職を表明した。維新が命運をかける「大阪都構想」を巡り、協力関係にあった公明党との協議が決裂したためだ。知事と市長が入れ替わって出馬する前代未聞のダブル選は、4月の統一地方選と同日で実施される。松井知事らは「クロス選」と呼び、統一地方選と合わせることで長期的には選挙費用を抑えられるとも主張している。この選挙をどうみるのか――。4人の著名人にふさわしいネーミングを考えてもらった。

 一度決着が付いているのに、また住民投票をやるための選挙だ。大阪都構想を実現させないと、維新としての政治的存在意義が薄れてしまうというのは分かるが、いいかげんにしてくれと言いたい。

 松井知事と吉村市長は、公明党との合意文書を暴露したり、どう喝したり、およそ政治とはかけ離れた駆け引きばかりで非常に不愉快な思いで見ていた。府と市を二重行政だと言いながら、入れ替わることで任期を丸々4年間やろうというのは狡猾(こうかつ)な手口だ。

この記事は有料記事です。

残り1134文字(全文1641文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 無罪なのに「なぜ免許を返してもらえないの」 取り消し無効確認訴訟で女性が訴え

  2. 過失運転致傷の会社員に無罪判決 「衝突回避は非常に困難」 福岡地裁

  3. ひき逃げか 市道で自営業の男性死亡 福岡・宗像

  4. 自転車であおり、初逮捕へ 「桶川のひょっこり男」妨害運転容疑 埼玉県警

  5. 女子高生2人死傷事故「事故の可能性、予見不可能」 低血圧の被告に無罪判決 前橋地裁

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです