メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

いびつ、恨み…大阪ダブル選「ネーミング」を考えた

記者会見をする松井一郎・大阪府知事(左)と吉村洋文・大阪市長=大阪市中央区で2019年3月8日午後6時23分、山崎一輝撮影

 「公明に合意をほごにされた」「都構想がつぶされかけている。状況を打破するため、もう一度世の中の皆さんに問いたい」。大阪府の松井一郎知事(大阪維新の会代表)と大阪市の吉村洋文市長(同政調会長)が8日、そろって辞職を表明した。維新が命運をかける「大阪都構想」を巡り、協力関係にあった公明党との協議が決裂したためだ。知事と市長が入れ替わって出馬する前代未聞のダブル選は、4月の統一地方選と同日で実施される。松井知事らは「クロス選」と呼び、統一地方選と合わせることで長期的には選挙費用を抑えられるとも主張している。この選挙をどうみるのか――。4人の著名人にふさわしいネーミングを考えてもらった。

この記事は有料記事です。

残り1347文字(全文1641文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「戦争」発言の丸山穂高氏に千島連盟が抗議文「常軌を逸し、極めて遺憾」
  2. 滋賀・名神道の多重事故1人死亡 観光バス運転手を逮捕
  3. 信長の肖像画、竹の紙に描かれていた 文化庁調査で判明 6月に豊田で特別公開
  4. 新潟の70代男性、特殊詐欺で2450万円被害 所持金尽きるまで電子マネー購入
  5. EU離脱 「氷の女王」誤算 メイ首相が辞任表明

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです