メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

’19統一地方選

自治はどこへ/5止 住民参加、新たな力に

福岡県大刀洗町役場であった今年度最後の住民協議会で議論を深める住民ら=福岡県大刀洗町で2019年1月19日、上田泰嗣撮影

 福岡県中南部の筑後平野に位置する福岡県大刀洗(たちあらい)町。1月中旬の土曜日、役場の会議室に「住民協議会」メンバーの町民12人が集まり、町内を走る2鉄道の今後を話し合った。

 住民協議会は町長の諮問機関で、町の身近な行政課題を話し合う。町が住民基本台帳から年代や性別が偏らないよう委員候補を無作為抽出し、応じた町民が委員を務めるのが特徴だ。

 今年度のテーマが鉄道。町民はマイカー利用が大半で、多くの委員が当初は無関心だった。だが、4回目とな…

この記事は有料記事です。

残り1544文字(全文1765文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. 10代前半の死因、自殺が1位 若者対策が喫緊の課題
  3. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」
  4. 「普通の生活をしていた思い出の地」 横田早紀江さん、めぐみさんの母校で講演
  5. ルポ女子少年院 居場所を探して覚醒剤に手を出した少女

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです