メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自民「松井知事の右腕」担ぎ出し 松井氏は「反維新」を批判  大阪ダブル選 

タウンミーティングであいさつをする松井一郎大阪府知事(左)と吉村洋文大阪市長=大阪市北区で2019年3月11日午後7時43分、望月亮一撮影

 大阪府知事・大阪市長のダブル選で、自民党が大阪都構想の議論に終止符を打つために擁立したのは、かつての松井一郎知事の右腕だった元副知事の小西禎一(ただかず)氏(64)だった。短期決戦に向け、自民は「反維新勢力」の結集を模索するが、松井氏は「玉虫色の『調整型政治』になるだろう」とけん制。知事選の対決構図が固まり、4月7日の投票に向けた双方の駆け引きが始まった。

 「役人としては優秀だったが、内部調整型で内向き。新たな時代に向かって大きく変えることはできないと思…

この記事は有料記事です。

残り536文字(全文766文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  2. アイヌ「先住民否定」日本会議が講演会 札幌市施設で開催へ 抗議相次ぐ

  3. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  4. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  5. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです