メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

’19統一地方選

注目知事選/1 福岡 麻生氏系新人に「包囲網」 保守分裂 政権、打撃回避に腐心

昨年5月の衆院本会議に臨む麻生太郎副総理兼財務相(奥)と自民党の二階俊博幹事長(手前)=国会内で、川田雅浩撮影

 「足踏みしている福岡県を前に進めるため、誰がリーダーにふさわしいか、しっかり判断してほしい」

 10日に福岡市で声を上げたのは麻生派の河野太郎外相だった。福岡県知事選に出馬する新人で元厚生労働官僚の武内和久氏(47)=自民党推薦=の街頭演説会。国会と海外出張の多忙を嘆く河野氏の来援は、麻生太郎副総理兼財務相(衆院福岡8区)のためだった。

 麻生氏は武内氏擁立を主導。3選を目指す現職の小川洋知事(69)の追い落としを図る。保守分裂の構図の…

この記事は有料記事です。

残り1218文字(全文1437文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10代前半の死因、自殺が1位 若者対策が喫緊の課題
  2. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  3. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」
  4. 「4回転半は試合で飛ばないと意味ない」羽生結弦の一問一答(下)
  5. ルポ女子少年院 居場所を探して覚醒剤に手を出した少女

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです