メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

吉村大阪市長の辞職 市議会が不同意 離反の公明「大義ない」

記者会見をする吉村洋文・大阪市長=大阪市中央区で2019年3月8日午後6時26分、山崎一輝撮影

 大阪市議会は13日、大阪府知事選(4月7日投開票)への立候補を表明している吉村洋文市長(大阪維新の会政調会長)の20日付の辞職願について、自民、公明、共産などの反対多数で不同意とした。維新が「最後は選挙で決める」と市長を後押ししたのに対し、公明は「大義なき選挙」と批判。定例議会最終日の本会議は、対決姿勢が改めて浮き彫りになった。

 吉村市長と松井一郎知事は、大阪都構想の行き詰まりを理由に、任期途中で辞職し、知事と市長が入れ替わりで出馬するダブル選に臨む。吉村市長は公職選挙法の規定で、21日告示の知事選に立候補を届け出れば、自動失職する。松井知事の辞職願も15日の府議会で同様に不同意となる見通し。

この記事は有料記事です。

残り468文字(全文769文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  2. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  3. 「まさか栃木で」小6女児保護、大阪の住民ら驚き「よく頑張った」

  4. どうやって予防するの?妊娠している人への影響は?…新型肺炎、その心構え

  5. 「参加費返して」「やっと当たったのに…」 東京マラソン 一般参加者とりやめ、返金せず

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです