メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

’19統一地方選

注目知事選/2 島根 竹下派、牙城で分裂 直系県議が反旗 調整役「不在」

島根県知事選の推薦を協議する会合に出席した自民党県連の竹下亘会長(左)と細田博之副会長。竹下氏はこの会合直後にがんを公表し、療養に入った=東京都内のホテルで2019年1月9日、根岸愛実撮影

 「竹下会長はこう決めた」。1月18日に松江市で開かれた自民党島根県連の合同会議。県連副会長を務める細田博之元官房長官が、島根県知事選で松江市出身の元消防庁次長、大庭誠司氏(59)を県連として推薦する意向を代弁した。当の竹下亘(わたる)県連会長(前党総務会長)は直前の同9日に食道がんを公表し、療養のため不在。兄の登元首相や青木幹雄元参院議員会長らを輩出した竹下派の牙城で、44年ぶりの保守分裂が確定した。

この記事は有料記事です。

残り1159文字(全文1362文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  2. 新型コロナ 感染女性は小学校の給食配膳員 北海道・江別市教委が発表

  3. 加藤厚労相、新型肺炎に「インフル治療薬アビガン使用を検討」 テレビ番組で表明

  4. クルーズ船で厚労省が検査ミス 23人、健康観察期間中の感染調べず 症状はなし

  5. 新型コロナ「花見川区の中学校教諭り患」「安易に校名広げない配慮を」 千葉市長がツイート

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです