メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪都構想巡り火花 知事選候補予定2人がネット討論会

ネット討論会の収録で大阪都構想について語る吉村洋文氏(中央)と小西禎一氏(右)=大阪市阿倍野区で2019年3月15日午後7時3分、山崎一輝撮影

 大阪府知事と大阪市長のダブル選(4月7日投開票)で、知事選に立候補する大阪維新の会政調会長の吉村洋文大阪市長(43)と、自民党が擁立する元副知事の小西禎一氏(64)が15日、インターネット討論会に臨んだ。出馬表明後、顔を合わせた初の論戦で、「大阪都構想」を巡る考えの違いで対立したが、他の政策で大きな相違はみられなかった。

 大阪市を廃止・再編する大阪都構想について、吉村氏は「府と市の二重行政を無くし、住民サービスを拡充させる。大阪の成長に都構想は必要だ」と強調した。

この記事は有料記事です。

残り645文字(全文880文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎、国内発生100人超に 北海道や埼玉で新たな感染者 未就学児も 

  2. 中居正広さん、ジャニーズ3月末退所し独立 遺骨手に「ジャニーさん、力をくれ」

  3. 愛子さまが学習院大文学部へ進学 推薦入試合格

  4. SMAP再結成「ゼロではない」 中居正広さん「燃え尽き」否定も仕事への意欲湧かず 

  5. 東京マラソン 約7億円の参加料はなぜ返せないのか 新型肺炎で一般参加中止

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです