メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

早くも火花 柳本氏「法定協はポンコツ以下」 松井氏「大阪市消滅と印象操作」 大阪ダブル選討論会

 大阪府知事と大阪市長のダブル選に立候補する4氏が初めてそろい、論戦を交わした18日の討論会。大阪維新の会が推進する都構想の是非や、自民がかつて対案として提示した会議体を巡って、市長選に立候補する松井一郎氏と柳本顕氏が互いに批判を繰り広げる展開に。告示を前に両陣営が早くも火花を散らした。

 1時間に及んだ討論会の終盤。松井氏は、2015年5月に都構想が住民投票で否決された後、自民の提案で設置された府市の課題を協議する「大阪戦略調整会議」(大阪会議)が、「二重行政解決の入り口にもたどりつけなかった。答えを出せない場所だった」と切り捨てた。

 これに対し、柳本氏は、都構想の制度案を協議する法定協議会が今月、混乱のまま幕を閉じたことに言及。「法定協の議論を見ていると、まさに『ポンコツ協議会』。それ以下だ」と語気を強めた。松井氏がこれまでに大阪会議を度々「ポンコツ会議」と批判したことを受け、柳本氏は「あらゆる会議体は参加する方の意思でポンコツ化できる」と法定協をこき下ろす形で反論した。

この記事は有料記事です。

残り446文字(全文889文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  2. 「重症者、死者がさらに増える」 研究者が警告する「危うい状況」と必要なリセット

  3. なぜ政治は感染拡大を防止できないのか 社会心理学者が読む「矛盾した」メッセージ

  4. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  5. 自民岸田氏「更なる経済対策が必要」 3次補正審議中、異例の言及

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです