メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

11道府県知事選、21日告示 統一地方選スタート

投票用紙の入った段ボール箱をトラックに運ぶ県選管の職員たち=広島市中区で2019年3月8日、東久保逸夫撮影

 第19回統一地方選は21日、まず11道府県知事選が告示され、前半戦がスタートする。今年は統一選と参院選が重なる12年に1回の「亥年(いどし)選挙」に当たり、各党は夏の参院選を見据えて党勢拡大を図る。知事選は、24日告示の政令市長選、29日告示の道府県議選と政令市議選とともに4月7日に投開票される。

 北海道、大阪、島根では新人同士の争いになる見通し。北海道は自民、公明両党推薦の新人と、立憲民主、国民民主、共産など野党5党が推す新人による事実上の一騎打ちの構図で、唯一の与野党対…

この記事は有料記事です。

残り360文字(全文600文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米朝首脳「そっくりさん」大阪入り 「サミット成功願うよ」
  2. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  3. 埼玉県に9200万円賠償命令 訓練中の機動隊員溺死
  4. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原
  5. 韓国軍の竹島訓練に外務省抗議「あきれるほど無神経」

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです