メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪府知事選 新人2氏が届け出 都構想の是非など争点

大阪府知事選が告示され、第一声を上げる小西禎一氏(左)と吉村洋文氏=大阪市で2019年3月21日

 任期途中の辞職表明に伴う大阪府知事選が21日告示され、新人の2氏が立候補を届け出た。自民党が擁立・推薦し、公明党府本部が推薦する元副知事の小西禎一氏(64)と地域政党・大阪維新の会政調会長で前大阪市長の吉村洋文氏(43)の一騎打ちになる見通しで、大阪市を廃止・再編する「大阪都構想」の是非などを争点にした舌戦が始まった。24日告示の大阪市長選とともに4月7日に投開票される。

 維新が掲げる都構想が行き詰まり、政治的な駆け引きの結果、「信を問う」として吉村氏と、松井一郎知事(55)が辞職表明して知事・市長のダブル選に発展した。辞職後に同じポストで出馬し、再選されても残る任期は変わらず、年内に再び選挙になるため、吉村氏が知事選に、松井氏が市長選に入れ替わりで出馬する「奇策」を選択。ダブル選と同時に行われる府議・市議選でも過半数を狙って都構想の住民投票実施を目指す。都構想に…

この記事は有料記事です。

残り176文字(全文564文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 立憲・塩村文夏議員の看板壊される 世田谷の事務所、郵便受けも被害

  2. ブラジルの感染者、50万人超え 1カ月足らずで5倍 死者3万人に迫る

  3. 政府、マイナンバー「全口座ひも付け」義務化検討 来年の法改正目指す

  4. 小学校でクラスター発生か クラスメート5人感染 北九州・新型コロナ「第2波」

  5. 老舗漬物店「丸八やたら漬」廃業へ 5月末で 観光客の減少響く 山形

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです