メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外1票の格差訴訟「違憲状態」 高松高裁判決

大阪府知事選 新人2氏が届け出 都構想の是非など争点

大阪府知事選が告示され、第一声を上げる小西禎一氏(左)と吉村洋文氏=大阪市で2019年3月21日

 任期途中の辞職表明に伴う大阪府知事選が21日告示され、新人の2氏が立候補を届け出た。自民党が擁立・推薦し、公明党府本部が推薦する元副知事の小西禎一氏(64)と地域政党・大阪維新の会政調会長で前大阪市長の吉村洋文氏(43)の一騎打ちになる見通しで、大阪市を廃止・再編する「大阪都構想」の是非などを争点にした舌戦が始まった。24日告示の大阪市長選とともに4月7日に投開票される。

 維新が掲げる都構想が行き詰まり、政治的な駆け引きの結果、「信を問う」として吉村氏と、松井一郎知事(…

この記事は有料記事です。

残り326文字(全文564文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ソチ五輪銅の平岡選手 ひき逃げ容疑で事情聴取 奈良県警

  2. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  3. 吉祥寺「2階は喫茶店」…実は無許可の映画館 容疑の社長ら16日書類送検

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 台風19号 「公邸待機」の安倍首相批判を問う

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです