メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

統一地方選

スタート 参院選の前哨戦 11知事選に30人

 第19回統一地方選の幕開けとなる11道府県知事選が21日告示され、計30人が立候補を届け出た。今年は統一選と参院選が重なる12年に1度の「亥年(いどし)選挙」で、平成最後となる統一選の前半戦が始まった。与野党は統一選を今夏の参院選の前哨戦と位置付け、地方の人口減少・景気対策、安倍政権の地方創生策などが問われる。

この記事は有料記事です。

残り654文字(全文811文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風19号 死者40人、不明19人に 毎日新聞まとめ

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. 台風19号で長野のライフラインにも打撃 1万1000人態勢で復旧作業

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. 埼玉の養豚場で殺処分開始 台風の影響でずれ込む 豚コレラ

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです