メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

統一地方選

スタート 参院選の前哨戦 11知事選に30人

 第19回統一地方選の幕開けとなる11道府県知事選が21日告示され、計30人が立候補を届け出た。今年は統一選と参院選が重なる12年に1度の「亥年(いどし)選挙」で、平成最後となる統一選の前半戦が始まった。与野党は統一選を今夏の参院選の前哨戦と位置付け、地方の人口減少・景気対策、安倍政権の地方創生策などが問われる。

この記事は有料記事です。

残り654文字(全文811文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染者の確認ない鳥取・島根 外出自粛の都市部から観光客も 新型コロナ

  2. 専門家、新型コロナ「第2波」懸念 「中国と比べものにならない感染者が日本に」

  3. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  4. 特集ワイド コロナショック マスク買い占めは迷惑行為 「どうしても欲しくて」長い行列…

  5. リセット・東京2020 飲食店、相次ぐ「コロナ倒産」 東京オリンピック延期、北海道経済に追い打ち

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです