メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪ダブル選で自公共闘前面 維新の「野合批判」を回避

近年の維新VS反維新

 大阪府知事・市長のダブル選(4月7日投開票)は、選挙の構図も大きな焦点だ。自民党陣営は国政で連立を組む公明党との共闘を前面に出し、立憲民主党など支援を打ち出す野党との具体的な連携はあえてアピールしない戦略だ。大阪維新の会が「野合」と批判を強めているためで、24日告示の市長選を前に双方の対立は激しさを増している。

 「ぼーっとしていて選挙は勝てない。自民党はあらん限りの力を尽くし、大阪の発展のため、努力を誓いたい…

この記事は有料記事です。

残り649文字(全文856文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  2. 出場32校決定、初出場は5校 3月19日開幕 第92回選抜高校野球

  3. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

  4. 21世紀枠は帯広農、磐城、平田 第92回選抜高校野球

  5. 消えたパクチー農家について首相「お答え差し控える」 施政方針演説で紹介

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです