メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪ダブル選 都構想の「対案」も争点に 市長選24日告示

大阪府知事選が告示され、第一声を上げる吉村洋文氏=大阪市中央区で2019年3月21日午前10時41分、山崎一輝撮影

 大阪府知事・大阪市長のダブル選(4月7日投開票)で、大阪都構想の実現を最大の公約に掲げる大阪維新の会は、1人の司令塔の下で成長戦略などの広域行政に取り組むべきだと主張する。一方、対立候補を擁立する自民党は府と市の協議で調整できると反論。過去には「大阪戦略調整会議」(大阪会議)が具体的な議論に入らぬまま頓挫した経緯もある。24日告示される市長選では都構想の「対案」も有権者の関心を引きそうだ。

 「大阪市と大阪府が縄張り争いし、二重行政を重ねてきたことが大阪の成長を阻害してきた」。18日に毎日…

この記事は有料記事です。

残り541文字(全文788文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 河井案里議員に「裏切られた」 車上運動員紹介の広島県議を任意聴取 広島地検

  2. まさに「雪乞い」 東京五輪の暑さ対策、少雪でピンチ 豪雪の南魚沼

  3. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕 部は無期限活動停止に

  4. 首相、施政方針で「台湾」に言及 異例の演説、どよめきと5秒間の拍手も

  5. 乗客が嘔吐 とっさにワイシャツ脱ぎ処理 救護の高3に感謝状

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです