メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

統一地方選

41道府県議選告示 無投票当選、最高26.9%

無投票当選の推移

 第19回統一地方選の41道府県議選と17政令市議選が29日、告示された。毎日新聞の集計で、道府県議選は総定数2277に対して3062人が立候補。全41道府県で計612人の無投票当選が決まった。前回2015年の統一選に比べて111人増で、無投票率(総定数に占める無投票当選者の割合)は前回比5・0ポイント増の26・9%に上昇。記録が残る1951年以降で過去最高となった。

この記事は有料記事です。

残り322文字(全文507文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡市が介護・医療従事者に無料PCR検査 拡大防止狙い 年度中1人3回まで

  2. インターネット接続環境ない子ども、世界に13億人 情報格差に警鐘 ユニセフ

  3. #排除する政治~学術会議問題を考える 「まるでモラハラのよう」 矛盾だらけの「改革」論議 名大・隠岐さや香教授

  4. 社会から「消された存在」だった 18年軟禁された女性、自立探る今

  5. 東京メトロ東西線の線路上に支障物 一時全線運行見合わせ 飯田橋駅付近

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです