メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「言った時点でアウト」塚田氏の「忖度」発言、新たな火だねに

衆院内閣委員会で自身の「忖度」発言について撤回、謝罪し頭を下げる塚田一郎副国土交通相(左)。右端は安倍晋三首相=国会内で2019年4月3日午後1時1分、川田雅浩撮影

 塚田一郎副国土交通相が安倍晋三首相と麻生太郎副総理兼財務相の地元を結ぶ道路事業で利益誘導をしたと取れる発言をした問題で、野党は3日、「撤回では済まされない」(立憲民主党の辻元清美国会対策委員長)と塚田氏の辞任を要求した。首相は衆院内閣委員会で塚田氏の罷免を否定したが、後半国会を安全運転で乗り切りたい政府・与党は新たな火種を抱え込んだ。

 「言った時点でアウトだ。利益誘導、絶対にやっちゃダメ」。辻元氏は3日、国会内で記者団にこう語り、塚田氏の即時辞任を求めた。立憲など野党6党派の国対委員長はこれに先立つ会談で「塚田氏は辞任すべきだ」との認識で一致。辻元氏は自民党の森山裕国対委員長に辞任要求を申し入れた。

この記事は有料記事です。

残り734文字(全文1038文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  2. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

  3. 「共働きなのにパニックだ」 突然の一斉休校、保護者ら衝撃 収入は、子の安全は…

  4. 「社会が崩壊しかねない」 熊谷・千葉市長がツイート 小中高休校要請巡り

  5. 部活は?受験は?卒業式は? 子供も保護者も、不安の“つぶやき” 首相休校要請

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです