メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

’19統一地方選

自治はどこへ 80歳以上、投票行けぬ 7割「病気・体調不良」理由 埼玉大教授・さいたま市民調査

 投票に行きたいのに行けない。そんな「投票弱者」の高齢者が都市部でも増えているとして、埼玉大社会調査研究センター長の松本正生教授(政治学)が実態調査を進めている。契機は、2017年衆院選でさいたま市内の投票率は80歳以上が極端に低かったこと。意識調査で投票しなかった人に投票に行かなかった理由を聞くと、80歳以上の約7割が「健康状態」を挙げた。松本教授は「手を打たねば投票率がさらに低下し、選挙の意義が揺らぎかねない」と指摘する。

 「買い物弱者同様、投票できない人が増えている。対策を調べたい」。3月、同市大宮区中心部の公民館。単…

この記事は有料記事です。

残り762文字(全文1027文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中洲で散財、事故で借金…タイから移送の容疑者らが振り込め詐欺に手を染めるまで
  2. 新潟の70代男性、特殊詐欺で2450万円被害 所持金尽きるまで電子マネー購入
  3. 「戦争」発言の丸山穂高氏に千島連盟が抗議文「常軌を逸し、極めて遺憾」
  4. 「絶対に稼ぐ」「だらけるな、痩せろ」タイ拠点の振り込め詐欺 逮捕された日本人男15人の「奴隷生活」
  5. 医療現場から (5)沖縄のSOS 「連携に課題?」の一言で険悪に

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです