メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

衆院選

大阪12区補選/沖縄3区補選 公明、足並み不安 党中央は自民候補推薦 地元に異論、票分散も

公明党をめぐる衆院2補選の構図

 衆院大阪12区と沖縄3区の補選(9日告示、21日投開票)で、自民党の立候補予定者の推薦を決めた公明党の動向が焦点となっている。大阪12区では公明と協力関係を築いてきた無所属元職に票の一部が流れるとの観測がある。米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設が争点となる沖縄3区では、容認派の自民新人に反対派の公明県本部がどれだけ支援するか不透明さが漂う。共に地元事情が絡み、足並みに不安を抱える。【村尾哲】

この記事は有料記事です。

残り774文字(全文981文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

  2. 「元の生活に戻れない」特殊詐欺で無罪確定の大学生 勾留10カ月で留年

  3. 河井案里議員に「裏切られた」 車上運動員紹介の広島県議を任意聴取 広島地検

  4. 高2、転倒の80代男性を介抱 徒歩で1時間、灯油タンク持ち送り届ける

  5. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕 部は無期限活動停止に

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです