メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北海道知事選 自公推薦・鈴木氏、若さ前面に 無党派層に浸透

北海道知事選で当選確実となり、自身のボードに花をつける鈴木直道さん(右から2人目)=札幌市中央区で2019年4月7日午後8時41分、貝塚太一撮影

 「国との連携」か「北海道独立」か。中央と地方の関係が主な争点になった北海道知事選は、前夕張市長の鈴木直道さん(38)に軍配が上がった。全国唯一の与野党全面対決となった選挙戦。旧民主王国と言われた北海道だが、自民、公明両党推薦で菅義偉官房長官にもパイプを持つ鈴木さんが無党派層にも巧みに浸透した。

 「夕張市での実績や『国と連携してピンチをチャンスに変え、活力あふれる北海道にする』という訴えが届いた」。鈴木さんは初当選を喜び、「24時間365日休みがない毎日でも若さを生かして北海道の可能性を引き出したい」と全国最年少知事として抱負を語った。

 埼玉県出身の鈴木さんは母子家庭で経済的事情から大学進学を断念。東京都に入庁後、法政大夜間部を卒業し…

この記事は有料記事です。

残り834文字(全文1155文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「丸山氏早く辞め病院へ」松井一郎大阪市長 「完全に一線越えている。社会人として失格」
  2. 丸山氏に続き長谷川氏、舌禍相次ぐ維新 その背景は?
  3. 特殊詐欺防止 4人に感謝状 磯子署 /神奈川
  4. 丸山衆院議員 聴取欠席へ 「女を買いたい」週刊誌報道、戦争発言など 自民、弁明提案
  5. 歌手の田口淳之介容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者を逮捕 自宅で大麻所持の疑い

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです