メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大分知事選 現職最高齢・広瀬氏、“34歳差対決”圧勝 「元気さ」アピール

5選を確実にし、支持者らと万歳する広瀬勝貞氏(左)。右は村山富市元首相=大分市で2019年4月7日午後8時1分、上入来尚撮影

 5選を目指す現職と共産新人の事実上の一騎打ちになった大分県知事選。選挙前から現職最高齢知事だった広瀬勝貞さん(76)が、共産党ホープの山下魁さん(42)に、つけいるすきを与えず「34歳差対決」に圧勝し、貫禄を見せつけた。

 広瀬さんは当選確実を受け村山富市元首相(95)らと万歳。「勝つだけでなくて、どれだけ多くの県民の力をいただけるか、そこが大事な選挙だった。最後の最後までお力をいただいた」と語った。

 広瀬さんは、経済産業省の事務次官を務めた後、60歳で知事になり、4期16年続けてきた。昨年11月に…

この記事は有料記事です。

残り364文字(全文616文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」
  2. れいわ山本代表「落選なら次は衆院選に」
  3. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  4. れいわで国会バリアフリー化求められる 重度障害・ALS患者の舩後氏初当選
  5. 2019参院選 開票結果・比例代表(その1)

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです