メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

任期リセット奇策に成功 維新の「大阪都構想」は息を吹き返すか

大阪府知事選・大阪市長選でそれぞれ当選確実となり記者会見する吉村洋文さん(手前)と松井一郎さん=大阪市中央区で2019年4月7日午後8時53分、平川義之撮影

 大阪府知事・大阪市長のダブル選で、松井一郎代表が率いる地域政党「大阪維新の会」が完勝した。任期途中で辞職しながら、知事と市長の立場を入れ替える前代未聞の奇策で任期をリセットし、新たに4年の時間を得た。府議会と大阪市議会でもダブル選効果で支持を広げる勢いで、行き詰まっていた「大阪都構想」は再び、息を吹き返す。構想の賛否を問う住民投票の実施に必要な府・市両議会の過半数は府議会で達成。維新ペースで議論が進みそうだ。

この記事は有料記事です。

残り2626文字(全文2833文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 行方不明 拉致と思われた女性国内で発見 1980年失踪 /新潟
  2. 皇統は断絶の危機 愛子さまを皇太子に
  3. ORICON NEWS 福田雄一監督版 ドラマ『聖☆おにいさん』NHK総合で放送
  4. 40年間以上無免許運転の男逮捕 「面倒くさくてお金もないので」と更新せず
  5. 大阪女児不明 友梨さんの父が手記公表「些細な情報でも」

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです