メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

’19統一地方選

大阪維新、ダブル勝利 府議も過半数 北海道は与党大勝

大阪府知事選・大阪市長選でそれぞれ当選確実となり、握手する吉村洋文氏(右)と松井一郎氏=大阪市中央区で2019年4月7日午後8時55分、幾島健太郎撮影

 第19回統一地方選は7日、前半戦の11道府県知事選、6政令市長選、41道府県議選、17政令市議選が投開票された。大阪府知事・大阪市長の「ダブル選」は、いずれも地域政党「大阪維新の会」の候補が、他の与野党が実質相乗りした自民系候補に勝利。大阪市を廃止・再編する「大阪都構想」推進を目指す維新が勢いづくのは確実だ。唯一の与野党全面対決だった北海道知事選は自民、公明両党が支援する新人が大勝した。

この記事は有料記事です。

残り1161文字(全文1357文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅首相「東京オリンピックはコロナに打ち勝った証しに」と決意 施政方針演説

  2. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  3. 山口・宇部の病院で70人のクラスター 入院患者と職員

  4. 「東京オリンピック、中止の可能性」NYタイムズ報道 コロナ感染拡大で

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです