メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

’19統一地方選

大阪府知事選/大阪市長選 維新、奇襲で圧倒 都構想、再び挑戦

大阪ダブル選をめぐる構図

 7日投開票の大阪府知事・大阪市長のダブル選は、知事と市長が入れ替わって出馬する奇策が奏功し、松井一郎代表の率いる地域政党「大阪維新の会」が完勝した。他党のちぐはぐな対応もあり、府議選と同市議選でも維新が支持を拡大した。自民党は統一地方選で実施された他の10道県知事選のうち8道県で支援候補が当選したが、ダブル選の敗北は痛手。保守分裂の4知事選では福岡、島根で取りこぼし、夏の参院選へ懸念を抱え込んだ。

この記事は有料記事です。

残り2688文字(全文2889文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  2. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  3. ORICON NEWS はあちゅう氏が第1子男児出産「力を合わせて育てていきたい」 しみけんがパパに

  4. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  5. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです