メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪ダブル選敗北 小西氏「共感してもらえず」、柳本氏「政治家として息絶えた」

厳しい表情で支持者らにあいさつする柳本顕さん(右)と小西禎一さん(中央)=大阪市中央区で2019年4月7日午後8時9分、小松雄介撮影

 大阪府知事・大阪市長の「ダブル選」は、午後8時に投票時間が終わった直後に、知事、市長選とも維新候補の「当選確実」が速報された。自民党と公明党府本部が推薦した知事選候補の元副知事、小西禎一さん(64)と市長選候補の元市議、柳本顕さん(45)は約5分後に大阪市中央区の合同事務所に姿を見せたが、惨敗にぼうぜんとした表情を隠せなかった。支援者からはため息が漏れ、重苦しい雰囲気に包まれた。

 小西さんは「大阪の政治を変えようと訴え、共感してもらえると思ったが、そうはならなかった。重く受け止…

この記事は有料記事です。

残り634文字(全文876文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

  3. 下関署の女性巡査が福岡の風俗店でバイト 減給処分受け依願退職

  4. 「失念していた」新幹線駅トイレに拳銃置き忘れの女性巡査長 兵庫県警

  5. 新潟県警 寝坊し高速で175キロ 女性警官を書類送検

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです