メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪ダブル選敗戦 与党内から「戦略の失敗」を指摘

大阪府知事選・大阪市長選でそれぞれ当選確実となり、記者会見をする吉村洋文さん(右)と松井一郎さん=大阪市中央区で2019年4月7日午後8時37分、幾島健太郎撮影

 統一地方選前半戦の投開票から一夜明け、政府・与党内からは、事実上の与野党相乗りで敗れた大阪府知事・大阪市長の「ダブル選」について、地域政党「大阪維新の会」が争点とした大阪市を廃止・再編する「大阪都構想」よりも、戦略の「失敗」を嘆く声が相次いだ。

 ダブル選では、いずれも自民党を中心に共産党も含む与野党が事実上相乗りした候補が、維新の候補に敗退。政府高官は「(かつては)行政も政党も組合も談合して、大阪が駄目になったという印象が残っていて、維新が伸びてきた。今回も(自民は)共産党と組んで同じことを繰り返した」と指摘…

この記事は有料記事です。

残り388文字(全文646文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米朝首脳「そっくりさん」大阪入り 「サミット成功願うよ」
  2. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  3. 埼玉県に9200万円賠償命令 訓練中の機動隊員溺死
  4. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原
  5. 韓国軍の竹島訓練に外務省抗議「あきれるほど無神経」

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです