メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

知事選大敗で自民福岡県連会長が辞任へ

敗戦が濃厚になり、支援者らに頭を下げる武内和久さん=福岡市博多区で2019年4月7日午後8時9分、矢頭智剛撮影

 7日投開票の福岡県知事選で現職の小川洋氏(69)が自民推薦で元厚生労働官僚の武内和久氏(47)を大差で破って3選したことを受けて、自民福岡県連の蔵内勇夫会長は8日、推薦候補が大敗した責任を取って会長職を辞任する意向を明らかにした。

 知事選で自民党は、過去2回支援した小川氏がいるにもかかわらず、麻生…

この記事は有料記事です。

残り147文字(全文297文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新たに25人感染 ほとんど経路不明 クルーズ船下船者が陽性 新型肺炎

  2. 日本人の入国を拒否 インドネシア政府 中国渡航歴理由か 新型肺炎で

  3. 金沢市内の男子中学生陽性 感染者の家族 症状なし、学校は休校に 新型肺炎

  4. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  5. クルーズ船下船後に女性が陽性、発熱 初のケース 栃木県発表 新型肺炎

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです