メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

吉田博美氏 自ら作った参院選「特定枠」処遇案が浮上 本人「あり得ない」

自民党の吉田博美参院幹事長=国会内で2019年3月26日、川田雅浩撮影

 夏の参院選での去就を保留している自民党の吉田博美参院幹事長(長野選挙区)について、比例代表で優先的に当選する「特定枠」で処遇する案が政府・与党内で浮上している。特定枠は吉田氏主導で導入され、本人は周囲に「自分で作った制度を自分のために使うのはあり得ない」と固辞。しかし首相官邸は吉田氏引退で参院のまとめ役が不在となるのを懸念しており、引退を回避させたい思惑がありそうだ。

 参院は1票の格差是正のため、合区による「鳥取・島根」「徳島・高知」選挙区を設置し、4選挙区が2選挙…

この記事は有料記事です。

残り346文字(全文582文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

  3. 水浸し、満員、夜の冷え込み…気詰まり避難所 想定外? 準備不足?

  4. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  5. 「僅差で可決」覆した緊急動議 残留への潮目変わるか 英EU離脱審議

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです