メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

辺野古移設巡る舌戦始まる 屋良氏と島尻氏の一騎打ち 衆院沖縄3区補選

沖縄県名護市辺野古で抗議活動を続ける人たちに支援を訴える候補者(中央)=2019年4月9日午後2時14分、津村豊和撮影

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設を巡る舌戦が再び始まった。9日に告示された衆院沖縄3区補選は、移設阻止を掲げる玉城(たまき)デニー知事が支援する元沖縄タイムス論説委員、屋良朝博(やらともひろ)氏(56)と、安倍政権が推す元沖縄・北方担当相の島尻安伊子(しまじりあいこ)氏(54)の一騎打ちに。2氏はそれぞれ名護市で声を上げたが、辺野古移設についての主張ははっきりと分かれた。

 「沖縄の民意をこれほどまでになぜ無視できるのか。辺野古移設はすぐに止めないといけない」。埋め立て工…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 差別発言の長谷川豊氏、公認取り消しも 維新・松井代表が検討指示
  2. 全政府統計の6割強不適切 プログラムミス、ルール違反、公表遅延など
  3. 元フジアナの長谷川豊氏が差別発言 参院選擁立予定の維新は処分検討
  4. 歌手の田口淳之介容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者を逮捕 自宅で大麻所持の疑い
  5. サラリーマン川柳 サラリーマン川柳、今年の1位発表 「五時過ぎた カモンベイビー USAばらし」

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです