メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

’19統一地方選

後半戦スタート 地方から声あげる

人口減への危機感を訴える演説に耳を傾ける有権者=秋田市で14日、安高晋撮影

 14日に後半戦が始まった統一地方選。東京への一極集中が進み、人口流出や経済停滞に歯止めがかからない地方にとって、国の旗振りで進めてきた「地方創生」の成果や方向性が本格的に問われる選挙でもある。人口減が深刻な秋田市で市議選に挑む候補者からは「国や東京に地方の窮状を伝える機会にしたい」との声も上がる。

この記事は有料記事です。

残り1697文字(全文1848文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走現場に花束「人ごとと思えぬ」「いずれ免許返納する」
  4. 池袋事故 87歳運転の車は150m暴走 自転車の母娘死亡
  5. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです