メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

地方再生の手法問う ふるさと納税で国と対立の大阪・泉佐野市長選

りんくうタウン周辺。中央はりんくうゲートタワービル、奥は関西国際空港=大阪府泉佐野市で2014年9月2日、本社ヘリから久保玲撮影

 財政悪化に苦しんできた大阪府泉佐野市は、返礼品を航空会社のポイントにするなどして2017年度に全国1位の約135億円、18年度には市の財政規模に匹敵する約500億円もの寄付を得た。一方、国は返礼品競争を問題視して法改正し、市は6月以降、制度に参加できない可能性が浮上。統一地方選の後半戦が始まった14日告示の市長選では、国と地方の対立、東京一極集中への反発もテーマになりそうだ。

 「総務省に負けるな」「国と地方が対等に話し合うための大きな戦いだ」――。現職の千代松大耕(ひろやす…

この記事は有料記事です。

残り721文字(全文961文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「いじめられていないんやな」前校長が「否定迫る」 神戸の教諭訴え

  2. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  3. 元「KAT-TUN」田口被告捜索動画 厚労省がテレビ制作会社に提供

  4. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

  5. 40代後半「就職氷河期」支援なぜダメなの? 非正規、若年層より多いのに

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです