メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外羽生善治九段が歴代最多1433勝 大山康晴に並ぶ

地方再生の手法問う ふるさと納税で国と対立の大阪・泉佐野市長選

りんくうタウン周辺。中央はりんくうゲートタワービル、奥は関西国際空港=大阪府泉佐野市で2014年9月2日、本社ヘリから久保玲撮影

 財政悪化に苦しんできた大阪府泉佐野市は、返礼品を航空会社のポイントにするなどして2017年度に全国1位の約135億円、18年度には市の財政規模に匹敵する約500億円もの寄付を得た。一方、国は返礼品競争を問題視して法改正し、市は6月以降、制度に参加できない可能性が浮上。統一地方選の後半戦が始まった14日告示の市長選では、国と地方の対立、東京一極集中への反発もテーマになりそうだ。

 「総務省に負けるな」「国と地方が対等に話し合うための大きな戦いだ」――。現職の千代松大耕(ひろやす…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 差別発言の長谷川豊氏、公認取り消しも 維新・松井代表が検討指示
  2. 元フジアナの長谷川豊氏が差別発言 参院選擁立予定の維新は処分検討
  3. 歌手の田口淳之介容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者を逮捕 自宅で大麻所持の疑い
  4. サラリーマン川柳 サラリーマン川柳、今年の1位発表 「五時過ぎた カモンベイビー USAばらし」
  5. 高校担任が女子生徒とキス 6年後にシール見つかり発覚 停職3カ月 新潟県教委

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです