メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

障害のある議員極端に少なく 統一地方選に挑むも制約多く

手話通訳者(手前)と音声を文字にするシステムでの支援を受ける佐藤太信市議=埼玉県戸田市議会で2019年3月11日9時44分、成田有佳撮影

 統一地方選で障害を持つ人たちが選挙戦に挑んでいる。だが選挙運動や議会活動に制約があり、障害のある議員の割合は障害者の割合に比べて極端に少ない。統一地方選の対象ではない地方議会でも、障害のある議員がバリアフリーのための支援を受けながら奮闘している。【成田有佳、斎藤文太郎】

 2017年1月に改選した埼玉県戸田市議会の委員会。市の担当者がマイクで答弁すると、補聴器を着けた佐藤太信(たかのぶ)議員(38)の向かい側に座る手話通訳者が訳していく。同時に音声が文字に変換されてパソコンに表示された。

 佐藤議員は2歳で聴覚を失った。幼い頃から発声の猛練習をしたため、相手の唇の動きで話を理解し、声で意…

この記事は有料記事です。

残り1453文字(全文1749文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです