メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

’19統一地方選

山口・周南市長選 争点は「しゅうニャン市」 現職、愛称の成果強調VS新人「やめる」

 現職と新人の一騎打ちとなっている統一地方選の山口県周南市長選で、「しゅうニャン市」の愛称で市をPRするプロジェクトが議論となっている。現職の肝いりで始まったが、新人は撤退を主張、選挙結果が事業の行方を左右しそうだ。

 「このまちの誇りを取り戻す。まずは『しゅうニャン市』をやめる」。告示日14日の第一声。新人の藤井律子氏(65)が宣言した。3選を目指す現職、木村健一郎氏(66)は出陣式で愛称に触れなかったが、市議会議長が「『しゅうニャン市』がスタートし、ふるさと納税が20倍…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名古屋・栄で男性刺され死亡 トラブルでけんかか 男1人を逮捕
  2. トランプ氏、首相とのゴルフ直前にツイート「ゲーリー大好きだ」
  3. 学校ストライキ 「学校行ってる場合じゃない」 地球守れ、世界180万人参加
  4. 首相、トランプ氏「令和初国賓」にこだわり 大相撲観戦アイデアも
  5. 藤井七段が小6の弟弟子に負けちゃった 故郷で12人と同時対局 「鋭い攻めうまい」(スポニチ)

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです