メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

千葉市議選、稲毛区で不正 白票8票減らす 集計責任者混乱も手助けなく

 7日に投開票された千葉市議選で、同市稲毛区選挙管理委員会は19日、記者会見を開き、開票結果の無効票を不正に少なくしていたと発表した。投票総数と投票者数が一致せず確認に追われた集計責任者の40代男性主査が、開票作業が長引くことを恐れて帳尻合わせのため8票減らした。区選管は「責任者が混乱し、冷静に判断できなかった」と釈明したが、主査を手助けしたり票数をダブルチェックしたりする態勢も整えられていなかった。

 公選法違反(投票増減)に当たる可能性があり、区選管は刑事告発するか検討する。

この記事は有料記事です。

残り271文字(全文512文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 悲願の憲法改正を次に渡すのか 「疲れた」首相が秘める終わり方の真意

  2. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  3. 待ち伏せの可能性 新潟女性殺害 執拗に深い刺し傷 強い殺意か 県警

  4. 日本が初優勝 プレミア12、前回覇者韓国に逆転勝利 山田哲3ラン

  5. 女性刺殺事件、直前の容疑者写真公開 グレーのハーフコート、新潟駅周辺で撮影

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです