メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

衆院大阪12区補選 自民支持層の2割超、維新候補に投票 出口調査

衆院大阪12区補選出口調査、支持政党ごとの投票先

 毎日新聞は21日、衆院大阪12区補選の投票を終えた有権者を対象に出口調査を実施、投票行動を分析した。大阪に党本部を置く日本維新の会の支持層の9割が維新公認の新人、藤田文武氏に投票したのに対し、自民党公認で公明党が推薦する新人、北川晋平氏に投票した自民支持層は5割強にとどまった。公明支持層の7割は北川氏に投票し、2割弱は無所属元職の樽床伸二氏に流れた。

 政党支持率は維新31%▽自民27%▽公明9%▽共産5%▽立憲民主4%と続き、無党派層は21%だった。藤田氏は無党派層の4割近く、自民支持層の2割以上からも支持を得た。無党派層の支持を最も得たのは樽床氏で4割。共産党と自由党が推薦する無所属元職の宮本岳志氏は共産支持層の8割弱が投じ、立憲民主党支持層の3割が支持したが、この3党全体の支持率は1割程度にとどまり、広がらなかった。

 大阪市を廃止・再編する「大阪都構想」への賛否を尋ねたところ、「賛成」が66%、「反対」が29%だった。維新支持層の96%が賛成で、立憲民主、公明、共産各党の支持層はいずれも反対が賛成を上回った。反都構想を掲げる自民支持層は64%が賛成、33%が反対で、党府連の方針と食い違った。ただ、都構想の是非を問う住民投票の対象は大阪市の有権者に限られる。

この記事は有料記事です。

残り473文字(全文1012文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

  2. 常夏通信 その45 74年目の東京大空襲(32) 生後2時間、大阪大空襲で左足を失った女性

  3. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

  4. 「空前絶後」「一気呵成」…なぜ情緒的で大げさなのか 首相のコロナ語録

  5. 国民民主「10万円再給付を」「消費税5%に」追加経済対策案 

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです