メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

衆院沖縄3区補選 屋良氏「普天間解決策、ストレートに議論したい」

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への県内移設が争点となった21日投開票の衆院沖縄3区補選は、移設に反対する玉城(たまき)デニー知事が支援した元沖縄タイムス論説委員の屋良朝博(やら・ともひろ)氏(56)が、安倍政権が推した元沖縄・北方担当相の島尻安伊子(しまじり・あいこ)氏(54)を破り、初当選を決めた。昨年9月の知事選、そして辺野古の埋め立て反対が約7割を占めた2月の県民投票後も土砂投入を続ける安倍政権に対し、沖縄は改めて「ノー」を突きつけた。

この記事は有料記事です。

残り792文字(全文1025文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  2. 南西諸島でゴキブリ新種見つかる 国内で35年ぶり 多様性解明に一歩近づく

  3. 経路不明急増、保健所パンク…「日本モデル」もう限界 「政府も危機感共有を」

  4. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  5. 大学爆破予告容疑で阪大院生を再逮捕 「恒心教」名乗り繰り返す? 警視庁

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです