メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

衆院沖縄3区補選 屋良氏「普天間解決策、ストレートに議論したい」

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への県内移設が争点となった21日投開票の衆院沖縄3区補選は、移設に反対する玉城(たまき)デニー知事が支援した元沖縄タイムス論説委員の屋良朝博(やら・ともひろ)氏(56)が、安倍政権が推した元沖縄・北方担当相の島尻安伊子(しまじり・あいこ)氏(54)を破り、初当選を決めた。昨年9月の知事選、そして辺野古の埋め立て反対が約7割を占めた2月の県民投票後も土砂投入を続ける安倍政権に対し、沖縄は改めて「ノー」を突きつけた。

この記事は有料記事です。

残り792文字(全文1025文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. どうぶつ 落ちたヒナを拾わないで
  2. 「武器を爆買いするなら年金に回せ!」 老後2000万円問題で抗議集会
  3. ボール蹴り非常口灯壊す動画をインスタ投稿 少年4人を事情聴取 兵庫県警
  4. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  5. 米朝首脳「そっくりさん」大阪入り 「サミット成功願うよ」

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです