メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

衆院沖縄3区補選 屋良氏「普天間解決策、ストレートに議論したい」

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への県内移設が争点となった21日投開票の衆院沖縄3区補選は、移設に反対する玉城(たまき)デニー知事が支援した元沖縄タイムス論説委員の屋良朝博(やら・ともひろ)氏(56)が、安倍政権が推した元沖縄・北方担当相の島尻安伊子(しまじり・あいこ)氏(54)を破り、初当選を決めた。昨年9月の知事選、そして辺野古の埋め立て反対が約7割を占めた2月の県民投票後も土砂投入を続ける安倍政権に対し、沖縄は改めて「ノー」を突きつけた。

 沖縄市にある屋良氏の事務所では、テレビで「当選確実」の速報が流れると、玉城氏が思わずガッツポーズ。指笛が響く中、「二人三脚」で選挙戦を戦ってきた屋良氏と玉城氏は、沖縄の手踊り「カチャーシー」を舞い、勝利を喜んだ。

 衆院議員を4期9年務めた玉城氏の後を継ぎ、辺野古移設の是非を最大の争点と位置付け臨んだ選挙戦。屋良氏は「県民の民意が改めて強く示された」と強調。そのうえで「辺野古移設は普天間問題の解決策にならない。沖縄の基地問題の抜本的な解決策をストレートに議論していきたい」と抱負を語った。

この記事は有料記事です。

残り546文字(全文1025文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「五輪予算で都民の命救える」早期中止訴え 宇都宮氏が都知事選出馬会見

  2. 北九州市で5日連続の感染確認、計22人に 施設を臨時休館

  3. フジテレビ、「テラスハウス」打ち切り 木村花さん急死で

  4. 国民民主「10万円再給付を」「消費税5%に」追加経済対策案 

  5. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです