メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

官邸・与党「ちぐはぐさ」露呈…補選2敗 安倍政権、影響抑えに躍起

第2次安倍政権発足後の国政補選の勝敗

 21日投開票の衆院大阪12区、沖縄3区両補選はいずれも自民党が敗北する異例の結果となった。大阪は日本維新の会の地盤で、沖縄は米軍普天間飛行場の移設計画が争点だったため、政府・与党は「地域の特殊事情だ」と強調。だが夏の参院選の前哨戦を落とした不安は否めず、第2次安倍政権以降で初となる「2敗ショック」の影響を抑えようと躍起だ。

 「(参院選への影響は)ないとは言えないが、今回の結果を基に次の選挙で雪辱したい」。自民党の二階俊博幹事長は21日夜、党本部で補選2敗に厳しい表情を見せた。特に自民の故北川知克元副環境相の地盤だった大阪12区で、おいの北川晋平氏(32)が敗北したのは痛手。自民幹部は「弔い選挙の雰囲気にならなかった」と肩を落とした。

この記事は有料記事です。

残り1663文字(全文1984文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ナスカの地上絵 新たに「ネコ」発見 ペルー文化省発表

  2. 死刑執行、被害者遺族へ通知 21日から法務省 希望者が対象

  3. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』もはや“日本経済の柱”と話題 映画は歴代1位発進、東宝株価が高値更新…企業コラボも恩恵続々

  4. 菅首相は「反知性主義」なのか 任命拒否問題で神学者・森本あんりさんが抱く違和感

  5. オウム死刑執行 「本当の真実なくなった」河野義行さん

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです