メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ

衆院補選 「初の2敗」自民に不安

 21日投開票の衆院大阪12区、沖縄3区両補選はいずれも自民党が敗北する異例の結果となった。大阪は日本維新の会の地盤で、沖縄は米軍普天間飛行場の移設計画が争点だったため、政府・与党は「地域の特殊事情だ」と強調。だが夏の参院選の前哨戦を落とした不安は否めず、第2次安倍政権以降で初となる「2敗ショック」の影響を抑えようと躍起だ。

この記事は有料記事です。

残り2439文字(全文2602文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 運転の60代女「意識なくなった」 東京・町田で児童ら5人はねられけが
  2. 金融庁「老後最大3000万円必要」独自試算 WGに4月提示
  3. 育休明けに倉庫勤務「不当な配転」 アシックス男性社員訴え
  4. 関西テレビ「ヘイト」放送 民族・女性差別発言編集せず
  5. 「年金を受け取っているか」の質問に麻生氏「正確な記憶がない」 衆院財務金融委

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです