メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

元漫才師が市議に 超競争社会・お笑いでの挫折経て一念発起 千葉・市川

千葉県市川市議選で初当選を決め、集まった友人たちと万歳する土屋正順さん(右から2人目)=千葉県市川市内のカラオケ店で、飯田憲撮影

 お笑いの舞台から、政治の舞台へ。千葉県市川市議選では漫才師として挫折を経験した無所属新人の土屋正順(せいじゅん)さん(37)が初当選した。「人生のどん底だった時に助けてくれた地元に恩返ししたい」と意気込む。

 市川市で生まれた。市内の県立高校卒業後、「お笑いをやりたい」と吉本興業の養成所へ。20歳で初舞台に立ち、漫才コンテスト「M-1グランプリ」で3回戦に進んだものの売れなかった。相方の男性が体調を崩して廃業し、28歳でフリーターに。「お笑いの世界は華やかに見えるが、超競争社会。打ちのめされた」

 社会での居場所がなくなり、一歩も部屋から出られなくなった時、励ましてくれたのは地元の友人だった。一念発起し、1日12時間勉強して大学に入った。奨学金をもらって通いながら、誰かの役に立ちたいと障害者や高齢者の施設で介護のボランティアに明け暮れた。

この記事は有料記事です。

残り327文字(全文700文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「健康とはほど遠い」 陰性になっても続く倦怠感と嗅覚障害 新型コロナ「後遺症」

  2. 3歳娘を自宅に8日間放置し死なす 育児放棄の疑いで母を逮捕 警視庁

  3. 伊藤詩織さんへのデマやバッシング 荻上チキさんの70万件分析で見えた傾向

  4. どう防ぐ ベビーシッターによる性犯罪 「見抜けなかった…」絶句する母

  5. 木村花さんが死の前に母に告白したフジテレビの「あおり」とは 被害者からの反論

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです