メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

麻生氏が安倍首相に「同日選」進言か 自民・公明「無風」で参院選を目指す

今後の主な政治日程

 大型連休が明け、6月26日が会期末の通常国会は後半戦に入った。だが対決法案はほぼない状態で、与党は無風で夏の参院選に突入することを目指す。一方自民党内から「衆参同日選」への言及も続き、野党を揺さぶる戦術が展開されている。

 与党は対決ムード回避のため柔軟な姿勢だ。自民、公明両党の幹事長、国対委員長は8日の会談で、国民生活に関係する法案に関し「野党ともよく協議しながら進める」ことを確認した。

 その後、自民党の森山裕国対委員長は立憲民主党の辻元清美国対委員長と会い、児童虐待防止法などの改正案…

この記事は有料記事です。

残り549文字(全文795文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米朝首脳「そっくりさん」大阪入り 「サミット成功願うよ」
  2. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  3. 埼玉県に9200万円賠償命令 訓練中の機動隊員溺死
  4. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原
  5. 韓国軍の竹島訓練に外務省抗議「あきれるほど無神経」

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです