メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アクセス

筆談ホステス出馬で国会バリアフリーどうする? 機器導入や通訳「仮定の質問コメントできぬ」

 「筆談ホステス」などの著書で知られる元東京都北区議の斉藤里恵さん(35)が、夏の参院選比例代表で立憲民主党から立候補する。斉藤さんは1歳の時に病気の後遺症で聴力を失い、言語障害がある。斉藤さんに区議会でのやりとりを再現してもらい、議会におけるバリアフリーの現状を探った。【大場伸也/統合デジタル取材センター】

 斉藤さんは青森市出身。筆談で接客する銀座のホステスとして脚光を浴び、著書がベストセラーとなった。シングルマザーでもあり、2015年の北区議選では演説の代わりに電子ボードを使ってバリアフリー社会の実現や、子育て支援の拡充などを訴えトップ当選。今年4月の区議選への立候補は見送っていた。

この記事は有料記事です。

残り2473文字(全文2770文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宅八郎さん死去 57歳 「おたく評論家」の肩書でテレビ番組出演

  2. 「へずまりゅうの弟子」名乗るユーチューバー逮捕 山口の墓地で卒塔婆振り回した疑い

  3. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』2日連続で全国5紙ジャック、朝刊に広告「想いは不滅」 主要15キャラの名言&作者メッセージ掲載

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 見る探る 「これはいじめではないか…」アンジャッシュ・渡部建さんの謝罪会見に行ってみた

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです