メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アクセス

筆談ホステス出馬で国会バリアフリーどうする? 機器導入や通訳「仮定の質問コメントできぬ」

 「筆談ホステス」などの著書で知られる元東京都北区議の斉藤里恵さん(35)が、夏の参院選比例代表で立憲民主党から立候補する。斉藤さんは1歳の時に病気の後遺症で聴力を失い、言語障害がある。斉藤さんに区議会でのやりとりを再現してもらい、議会におけるバリアフリーの現状を探った。【大場伸也/統合デジタル取材センター】

 斉藤さんは青森市出身。筆談で接客する銀座のホステスとして脚光を浴び、著書がベストセラーとなった。シ…

この記事は有料記事です。

残り2565文字(全文2770文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 交番襲撃 防犯カメラに映った男の画像を公開
  2. 都内で「年金返せ」デモ 報告書・麻生氏受け取り拒否など受け
  3. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 
  4. 都内30代男の逮捕状請求へ 強盗殺人未遂容疑などで 現場に土地勘 交番襲撃
  5. 交番で警官刺され拳銃奪われる 防犯カメラに映った男の画像公開

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです