メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

与党高まる解散機運 菅氏「解散の大義」発言

近年の衆院解散

 夏の参院選に合わせて安倍晋三首相が衆院解散・総選挙に打って出るのではないかとの観測が与党内で広がっている。与野党幹部らが「衆参同日選」の可能性に言及する中、菅義偉官房長官は17日の記者会見で、野党から内閣不信任決議案が衆院に提出された場合、首相が衆院を解散する「大義」になると明言した。不信任案提出を巡る野党の動きをけん制したものとみられるが、政権中枢の発言だけに波紋を広げそうだ。

 「当然なるのではないか」。菅氏は会見で、国会会期末に慣例化している内閣不信任案の提出が「解散の大義」になるか質問され、言い切った。通常国会の会期末は6月26日。直前に衆院を解散した場合には、衆参同日選となる可能性が高い。

この記事は有料記事です。

残り1183文字(全文1486文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 立憲・辻元氏に脅迫文「殺してやる」 党本部に届く 警視庁に被害届

  2. 中江滋樹さん、アパート火災で死亡か 「兜町の風雲児」元投資ジャーナル会長

  3. 政府批判の神戸大教授が動画削除 「助言」の医師がFBで事実誤認を指摘

  4. 「ヤンキー先生」三輪光教諭ら3人、体罰で自宅待機に 兵庫・飾磨工高柔道部

  5. ORICON NEWS 『翔んで埼玉』監督が暴露「冗談で企画出したら通った」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです