メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

徴用工問題、しびれ切らした日本 企業への「実害」懸念高まり 初の仲裁委設置要請

元徴用工訴訟を巡る経緯と今後の流れ

 日本政府は20日、韓国の元徴用工訴訟を巡り、日韓請求権協定(1965年)に基づく仲裁委員会の設置要請に踏み切った。協定を結んでから、初めての設置要請は、冷え切った日韓関係の深刻さを物語る。原告団が差し押さえた日本企業の資産売却を検討する中、具体的な対応を打ち出さない韓国政府に、日本政府がしびれを切らした形だが、問題解決への展望は描けていない。【秋山信一】

 「波静かな中で李洛淵(イナギョン)首相が対応を検討できるように努めてきた。その李氏が『韓国政府の対…

この記事は有料記事です。

残り867文字(全文1096文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 香港デモ 白シャツ集団、参加者襲撃 反対派と逆のカラー
  2. 京アニ「社員の師匠」木上さん、なお不明 「キャラに生命」「あの優しい人が…」
  3. 加藤浩次さん、大崎・岡本両氏退陣なければ「吉本やめる」
  4. 吉本興業、宮迫さんらの処分撤回 岡本社長、会見で謝罪
  5. 「冗談だった」「圧力のつもりない」…吉本社長会見、古い体質露呈

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです