メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国対委員長代行・山井氏 国民民主党離党の意向 国会開会中、異例

記者会見で国民民主党からの離党を表明した山井和則衆院議員=国会内で2019年6月3日午後6時13分、川田雅浩撮影

 国民民主党の山井和則国対委員長代行が離党の意向を周囲に伝えた。党関係者が29日、明らかにした。同日の総務会では、離党届を提出していた階猛衆院議員の離党が承認された。先月に旧自由党と合併した直後に離党の動きが相次ぎ、国民民主党には打撃となりそうだ。

 関係者によると、山井氏は28日、離党の意向を伝えるため党幹部に面会を求めたが拒否された。原口一博国対…

この記事は有料記事です。

残り263文字(全文438文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「財研」記者日記 (1)財務省の花形ポスト「主計官」 喜怒哀楽に富む意外な素顔

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  3. タイ首相、改憲手続き表明 臨時国会で デモの早期沈静化図る

  4. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  5. 与党はまた“首相隠し”に走るのか くすぶる支持率低下の不安 臨時国会の行方

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです