メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

安倍首相

「風はきまぐれ、コントロールできぬ」 解散風に言及

 「風というのは気まぐれで、誰かがコントロールできるものではない」。安倍晋三首相=似顔絵=は30日、東京都内で開かれた経団連総会であいさつし、4、5両月にトランプ米大統領とゴルフをプレーしたことを紹介する中で、「解散風」に初めて触れた。解散権を持つ首相が自ら解散に言及するのは異例だ。内閣不信任決議案の提出を検討する野党をけん制する狙いもあったとみられる。

この記事は有料記事です。

残り516文字(全文694文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「声が出なくなった」市川海老蔵さん、歌舞伎座を休演
  2. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  3. 「未明に自宅で突然刃物で首を刺された」高2男子が被害 男は逃走 埼玉・蕨
  4. 「撤回まったく考えてない」 韓国と協議せず 経産相 輸出規制強化で
  5. 日韓 自分の物差しで相手をはかるな 「嫌韓」は危険

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです