メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

最後の日曜、舌戦を繰り広げ 堺市長選

ショッピングセンター前で、有権者に支持を訴える立候補者(手前)=堺市内で2019年6月2日午後4時10分、幾島健太郎撮影(画像の一部を加工しています)

 堺市長選の投開票日(9日)まで1週間を切り、選挙戦最後の日曜となった2日、無所属新人の野村友昭氏(45)と大阪維新の会新人の永藤英機氏(42)の両候補は、維新が掲げる大阪都構想や市政の刷新などを巡り舌戦を繰り広げた。過去2回の市長選と同様、大阪維新と反維新勢力による事実上の一騎打ちの様相。4月の統一地方選や衆院補選で勝利した維新の勢いが続くかも注目される。

 辞職した竹山修身前市長が2回の市長選で維新の候補に勝つ決め手となったのが「反都構想」。今回、その旗…

この記事は有料記事です。

残り537文字(全文767文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 優香さんが妊娠を発表 夫は青木崇高さん

  2. 東京五輪、空手マットを1円落札 組織委、金額伏せる

  3. 桜を見る会招待者名簿、資料要求の日に廃棄 「シュレッダー空いてなかったから」

  4. ORICON NEWS 川栄李奈が第1子出産を報告「毎日に幸せを感じております」 廣瀬智紀パパに!

  5. 鳩山元首相も地元支援者を招待 旧民主党政権下の「桜を見る会」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです