メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

二階氏の発言再び波紋 20年都知事選で「小池氏支援」再表明

都知事選をめぐる構図

 自民党の二階俊博幹事長が、来夏の東京都知事選で小池百合子知事を支援する考えを改めて表明し、党内に波紋が広がっている。二階氏は3月に小池氏支援をいったん表明したが、小池氏と対立する党東京都連の反発を受けて「もう発言しない」と述べていた。独自の候補者擁立に手間取る都連へのいら立ちも背景にあるとみられるが、頭越しの発言には反発も出ている。

 「これでは立候補したい人ですら二の足を踏む。マイナス要因となる発言だ」。自民党都連の高島直樹幹事長(都議)は3日、二階氏の発言に不快感を隠さなかった。

この記事は有料記事です。

残り660文字(全文904文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  2. ブルーインパルス都心飛行「私が指示」 河野防衛相がブログで明かす

  3. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  4. 「花火を見て元気になって」 新型コロナ終息願い、各地で“サプライズ”打ち上げ

  5. 北九州市、無症状の濃厚接触者にもPCR検査 感染確認急増に影響か

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです