メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

参院選

宮崎は立憲候補に

 立憲民主党は4日の常任幹事会で、参院選の32ある改選1人区のうち宮崎選挙区で野党統一候補となる公認候補を決定した。福山哲郎幹事長は記者会見で「地元で各政党、連合に了解をもらって一本化ができた」と説明。これにより計31の1人区で野党5党派の統一候補が固まった。追加の公認、推薦候補も発表。選挙区での公認の擁立作業を終えた。常任幹事会では、山梨の公認候補を無所属に変更することも決めた。もともと所属していた社民党が除名にした候補で、同党の「支持」を得るため無所属で立憲推薦とした。この結果、一本化した31の選挙区の内訳は立憲7、国民6、共産3、無所属15となった。

この記事は有料記事です。

残り136文字(全文417文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  2. 地下アイドルに強制わいせつ致傷容疑 26歳ファン逮捕 自宅前で待ち伏せ

  3. 高齢者事故「娘の死は殺人」 発生3年、母が制度改正訴え活動

  4. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出

  5. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです