メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

参院選

宮崎は立憲候補に

 立憲民主党は4日の常任幹事会で、参院選の32ある改選1人区のうち宮崎選挙区で野党統一候補となる公認候補を決定した。福山哲郎幹事長は記者会見で「地元で各政党、連合に了解をもらって一本化ができた」と説明。これにより計31の1人区で野党5党派の統一候補が固まった。追加の公認、推薦候補も発表。選挙区での公認の擁立作業を終えた。常任幹事会では、山梨の公認候補を無所属に変更することも決めた。もともと所属していた社民党が除名にした候補で、同党の「支持」を得るため無所属で立憲推薦とした。この結果、一本化した31の選挙区の内訳は立憲7、国民6、共産3、無所属15となった。

この記事は有料記事です。

残り136文字(全文417文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ANAホテル「営業の秘密と言った事実はない」 安倍首相答弁を否定

  2. 痴漢 電車扉付近は注意 被害の9割集中 ポスター・女性専用車…警察・交通機関、対策に懸命

  3. 東京マラソン 一般参加取りやめ、エリートのみ200人規模で実施 新型肺炎

  4. 女性専用車両 トラブル 故意の男性乗車「NO」 市民団体、メトロに要望

  5. 東京マラソン 一般の参加料は返金せず 国内ランナー1万6200円 来年の出走権付与

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです