メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

追跡

選挙公報HPから削除 公約、検証できぬ 選挙後、半数の都道府県

2016年7月の東京都知事選選挙公報。小池百合子都知事は「ゼロ」を目指すと強調した=浅野翔太郎撮影

 選挙期間中に発行される選挙公報について、直近の知事選・都道府県議選で、約半数の自治体が選挙後にホームページ(HP)上から削除していた。知事選では無投票を除く44都道府県のうち22府県が、議員選は47都道府県のうち24府県がHP上から消していた(5月17日現在)。識者からは「選挙公報を通じ、選挙後も政治家を監視するのは、主権者たる国民に保障されるべき権利だ」とし、改善を求める声も上がっている。【浅野翔太郎、大場伸也】

この記事は有料記事です。

残り1907文字(全文2117文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  2. 新たに21人の感染確認、1万7306人に 死者12人増、865人 新型コロナ

  3. 首相、全国の緊急事態宣言解除を発表 「世界的に厳しい基準をクリアした」

  4. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  5. 森法相、黒川氏訓告は「法務・検察で判断」 官邸主導の一部報道を否定

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです