メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

追跡

選挙公報HPから削除 公約、検証できぬ 選挙後、半数の都道府県

2016年7月の東京都知事選選挙公報。小池百合子都知事は「ゼロ」を目指すと強調した=浅野翔太郎撮影

 選挙期間中に発行される選挙公報について、直近の知事選・都道府県議選で、約半数の自治体が選挙後にホームページ(HP)上から削除していた。知事選では無投票を除く44都道府県のうち22府県が、議員選は47都道府県のうち24府県がHP上から消していた(5月17日現在)。識者からは「選挙公報を通じ、選挙後も政治家を監視するのは、主権者たる国民に保障されるべき権利だ」とし、改善を求める声も上がっている。【浅野翔太郎、大場伸也】

この記事は有料記事です。

残り1907文字(全文2117文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 注目の裁判・話題の会見 社会に出て半年、「これから」だった25歳女性 座間9人殺害 11月10、11日公判詳報

  2. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  3. 白石被告、自白の理由は「部屋に証拠が残り観念」 座間9人殺害公判 被告人質問

  4. 注目裁判・話題の会見 名前すら聞かれなかった女子高生 座間9人殺害・11月2日公判詳報

  5. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです