メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

衆参同日選

野党、なお警戒 「不意打ち解散」の恐れ懸念

 衆参同日選の見送り論が与党内で強まる中、野党は依然、衆院解散への警戒を解いていない。「解散の大義」になり得るとされた内閣不信任決議案の提出にも慎重だ。衆院選の準備が整っておらず、「不意打ち解散」への危機感が強いためだ。10日の参院決算委員会では、安倍晋三首相が出席していたにもかかわらず、野党議員が同日選についてただす場面はなかった。【野間口陽、東久保逸夫】

この記事は有料記事です。

残り814文字(全文994文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 香港デモ 白シャツ集団、参加者襲撃 反対派と逆のカラー
  2. 京アニ「社員の師匠」木上さん、なお不明 「キャラに生命」「あの優しい人が…」
  3. 加藤浩次さん、大崎・岡本両氏退陣なければ「吉本やめる」
  4. 吉本興業、宮迫さんらの処分撤回 岡本社長、会見で謝罪
  5. 「冗談だった」「圧力のつもりない」…吉本社長会見、古い体質露呈

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです