メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

参院選

元アナ長谷川氏、維新公認を辞退 部落差別発言

 今夏の参院選比例代表に日本維新の会公認で立候補する予定だった元フジテレビアナウンサー、長谷川豊氏(43)が被差別部落への差別を助長する発言をした問題で、同党の馬場伸幸幹事長(衆院議員)は10日、長谷川氏から公認辞退の申し出があり、受理したと明らかにした。

この記事は有料記事です。

残り108文字(全文236文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「うがい薬発言で現場混乱」 大阪府歯科保険医協会が吉村知事に抗議

  2. ハートマークの数で分類 感染者出たススキノ店舗名 札幌市の内部資料が流出

  3. 東京で新たに462人感染、6日ぶりに400人超 新型コロナ

  4. 首相会見「官邸職員が記者の腕つかむ」朝日新聞社が抗議 官邸側は否定

  5. 都内でも「うがい薬は売り切れ」の張り紙 一夜にして店頭から消えた 「吉村知事会見」を考える

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです